スポンサーサイト
0
    2013.08.10 Saturday - - - - -

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    MINIペースマン
    0

      この記事はこちらに移動しました。



      どうなるMINIのコンセプト!?ハッチバックに5ドアの設定は要らないと思う。
      0

        MINI ハッチバック次期型、5ドアも設定か」との報道がささやかれております。

        が、ハッチバックに5ドア設定は要らないと思う。
        もちろん、4名(もしくは5名になるのか?)乗車時の利便性は、後部座席にもドアがあった方が便利だけれど、MINIは2ドアだからこそ、そのキャラクターが成立しているわけで、大きなMINIのポジションは、クロスオーバーだけで必要十分だ。

        たしかに、そのクロスオーバーの販売実績を受け、5ドアのニーズを感じたのかもしれないけれど、
        小さなMINIは小さいままで、大きなMINIは派生車を増やしていく、といった流れの方が、分かりやすい。

        現在確認しているだけでも、セダンやスペースボックストラベラーといった、大きなMINIの展開が噂されている。

        その一方で、近々MINIのラインナップに加わることが現実味を帯びてきたMINIベースマン(MINIカントリーマン・クーペ)は、クロスオーバーをベースに3ドアクーペ化されており、言わば「大きな3ドア車」という部類に属されることになる。

        色々選べるのは楽しいことだが、選ばせてしまうことによって購入時に悩まなければ良いのだが・・・。

        しかも次期ミニはセンターメーターじゃないことが確定のようで、この数年でMINIはさらに大きく変わりそうですね。

        MINI、今度はセダン計画?
        0
          2012.02.15 Wednesday 20:45 MINIのこと comments(0) trackbacks(0) - -
          JUGEMテーマ:MINI
          MINIが将来的に10車種構想があるということは、MINIのミニバン計画が報じられた時に書いた通りだが、MINIからは最も想像し難いセダンが発売される可能性が出てきた。

          『オートモーティブニュース』によるとMINIは今後、ステーションワゴン、バン、そしてセダンの追加を計画しているとのことだ。
          ロケットマンの市販化が見送られる公算が高くなっている今、ハッチバック・クラブマンクロスオーバークーペロードスターコンバーチブルの現行6車種に加えられるのは残り4車種。
           
          カーゴ、ステーションワゴン、バンがラインナップされるとなると、空いた席はセダンが埋めるということも十分に考えられる。

           
          スペースボックス
          写真のスペースボックスやベースマンという可能性も捨てきれないが。

          ステーションワゴンはBMWのFFプラットホームがベース。バンはMINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)をベースに開発するという。 注目は、セダンだろう。ただし同メディアによると、BWWグループはMINIのノッチバックセダンの量産化を、最終決定したわけでなないとのこと。セダンが人気の中国市場への投入をにらんで、議論を重ねているという。

          セダンという発想には驚かされるが、個人的にはセダンはあまり興味が無い。
          気になるのは、ステーションワゴン、スペースボックス。そしてやはり王道のハッチバックだ。
          CATEGORY
          twitter
          ENTRY(latest 5)
          ARCHIVES
          PROFILE

          PR
          無料ブログ作成サービス JUGEM

          ハイブリッドカーに乗る前に乗っておきたいミニで贅沢な一人旅を満喫♪。ドライブレコーダーで事故防止。検索キング 検索エンジン!相互リンクバンク (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.